1. TOP  > 
  2. 新着情報一覧  > 
  3. 微紛硫黄、取次販売開始のお知らせ

微紛硫黄、取次販売開始のお知らせ

協会では、メーカーのご協力を頂き、土壌改良剤として「土壌改革(微紛硫黄製剤)」の取次販売を致します。

○土壌のpHを下げてブルーベリーの生育に適した土づくり!!
○土壌中の硫黄分の補充に!!

土壌改革 購入ページへ


あなたの園のpHは大丈夫?

ご存知のように、ブルーベリーは酸性土壌を好みます。そのため、ピートモスを苗の根元に入れて植える方法が広く行われていますが、それでも生育が芳しくないという声が聞かれます。土壌のpHが高いのではないでしょうか?
pHを下げるために、硫黄粉末は最適です。


土壌改革 購入ページへ


協会扱いの『微紛硫黄』について

硫黄イメージ画像 ○製造元は「細井化学工業株式会社」で、品名は土壌改革(微紛硫黄製剤20Kg)です。
(登録番号 生第87623号)

○使用方法
・ブルーベリーの植栽時にピートモスや土と混ぜ込む。
・植栽後、根元に適量を散布する。
・pHを1.0下げるための施用量の目安は、10a(作土深10cm)当たり約60Kgです。
・土壌のpHを下げるには、1〜3か月位かかります。
・土壌の性質、含有水分量等によって異なりますので、専門機関で一度土壌診断することをお勧めします。

○使用上の注意
・換気の良い場所で作業して下さい。
・使用の際は、手袋・マスク・めがね等を着用して下さい。

○使用事例・・・つくば市A氏の事例
・年1回から2回、肥料に混ぜて、根元に散布する。混合割合は、約5%。
(混合例:油粕50%・脱脂ヌカ10%・骨粉20%・硫安5%・化成肥料10%・硫黄粉末5%)
時期は、12月から3月頃、(樹勢が弱い場合は5月から6月頃にも)

・植栽時に使用する場合は、植え穴(直径60cm×深さ40cm)を掘り、穴の表面に全体に、100gから300gほど(握りこぶしで3つ位)を撒き、その上にピートモスや周りの土を入れている。

○ご利用上の注意事項
・本品は、「消防法危険物第二類」に該当しますので、100kg以上は、危険物倉庫での保管が義務付けられていますので、保管には十分ご注意下さい。
・水濡れ、火気に十分注意し、直射日光の当たらない場所で保管して下さい。
・紛末を吸い込んだり、肌に付着しないよう注意して下さい。
・眼に入った場合は、直ちに水洗いして下さい。
・肥料以外の用途には使用しないで下さい。

○販売価格等
・注文される数量により価格が変わりますので、ご注意下さい。
 正味重量:20kg (クラフト袋入)
 1〜9袋・・・・・・4,500円(別途消費税がかかります)
 10袋以上・・・・・4,000円(別途消費税がかかります)
・上記の価格には、送料を含みます。
・北海道・沖縄・及び離島への発送は別途運賃負担となります。
・原則として受注受付後、翌日発送致します。
協会会員以外の申し込みは、入金が確認されてからの発送となります。
・ご注文は、インターネット、メール、FAXでお願い致します。
・ご送金は、ゆうちょ銀行口座にお願い致します。

土壌改革 購入ページへ

お問い合わせは・・・・
一般社団法人日本ブルーベリー協会 事務局まで